6cmアップのメンズビジネスシークレットシューズ/ADELO〈アデロ〉

2020/11/02 15:54


こんにちは。メンズ・シークレットシューズブランドの「ADELO」です。
今回はシークレットシューズの平均的な寿命、2足履きにするメリットなどを説明していきます。


■革靴の平均的な寿命は?
ビジネスマンの皆さんが普段履かれている革靴やシークレットシューズの平均的な寿命や、おすすめの買い替えのタイミングはご存知でしょうか?

同じビジネスマンでも、外回りの営業をされている方、デスクワークの方では革靴の寿命に大きな違いがありますが、
一般的に革靴やシークレットシューズの寿命は8ヶ月から1年と言われています。

では、2足を毎日ローテーションで履き替えてみると寿命は延びるのでしょうか?

革靴は、1日中履くことで靴のインソールに含まれるクッション材が縮んでしまいます。
1足を毎日履く場合、翌日そのクッション材の縮みが戻りきらないうちに履くことになり、劣化や傷みがでてきやすくなります。
また、雨の日の翌日など、インソールが濡れた状態で履くことで、菌も繁殖し衛生的にもよくありません。
靴の寿命を延ばすためには最低2足でのローテーションをおすすめ致します。

しかし、ここぞという大事な場面用の1足、普段履きの1足、雨の日用の1足。
3足でローテーションしていただくことが大切な靴を長持ちさせるために1番理想です。


■革靴の複数持ちにおすすめのADELO
ADELOは大きく分けてストレートチップとウイングチップの2種類のシークレットシューズを販売しています。
一般的にストレートチップはフォーマル向き、ウイングチップはカジュアル向きと言われてはいますが、どちらの靴もビジネスシーンで履いていただいて問題ありません。

結婚式やお子様の入園式、大切な商談など、ここぞというシーンではストレートチップをおすすめ致しますが、普段はウイングチップのブラウンをネイビー系や同系色のブラウン系のスーツに合わせていただく事で足元からも洗練された印象を与える事が出来ます。
ADELOのブラウンはダークブラウンを採用しているので、よく売られているライトブラウンでは明るさや合わせ方が気になる方、相手に落ち着いた印象を与えたい方にもおすすめです。
もちろんブラック2足もおすすめですが、スーツコーディネートの幅が広がるADELOのダークブラウンは、2足目に自信を持っておすすめする商品です。


出来るだけ費用をかけずに、ここぞの1足、様々なカラーのスーツに合わせやすい1足をADELOのストレートチップとウイングチップで叶えていただけるのではないでしょうか。

TOPページはこちら https://www.adelo.jp/